夜泣きに困っているママ、パパに伝えたいこと 夫婦円満のカギは「意思表示」

ママの気持ちに寄り添ったhitomiコラム

仕事が忙しかった時期上の子の夜泣きは大変でした。

去年は妊婦でしたがコロナ禍で仕事が少なくなり、家にいることが多く産後の今もゆったり子育てができています。主人も在宅ワークで手助けしてくれて有難かったです。 4人目となるとさすがに子育てにも慣れている分、もう孫を見ているという感じですね。(笑)

ママのメンタルによって感じ方も変わってくるのだと思います が、4人目の子はそんなに夜泣きしないような気がします。

女性は旦那さんによく「なんでやってくれないの」「わかってくれて当然」と思いがち。私も第1子目の時は初めての育児でもあり、しかもワンオペだったので、大きなストレスを感じていました。そんな余裕のない時だからこそ、意思表示が必要なのに、コミュニケーションを十分に取らないまま不満を溜めているとお互いがストレスを感じてしまいますよね。そんな時大切なのは、相手が受け止めやすいように「頼み上手」になることだと思います。まずは「やってほしいこと」やその期限を明確に提示することを心がけてみてはいかがでしょうか。

旦那さんには、「せめて1回でもいいから夜泣きの時おむつを変えてほしい」など伝えてみるとか。数時間おきに授乳を課せられている方からすると、少しでも手伝う姿勢を見せてほしいのが本音ですよね。明朝仕事があるから、少しでも手伝ってくれるだけで、奥さんからは天使に見えるから。